読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地道にコツコツと(インデックス投資の実践記です)

子供に伝えられればと、とりあえずメモ的に書いております。【大事】ただし、投資は、自己責任でお願いします。

実際、どれぐらいコストがかかっているのか

インデックス

現在、通常投資しているのは、

日本株式インデックスe
外国株式インデックスe
外国債券インデックスe
eMAXIS 新興国株式インデックス

販売手数料

ネット証券で購入すると、
全てノーロードの投資信託の為
0円です。

信託報酬

なんですが、

インデックスeシリーズ全4ファンドの実質コストまとめ(2015年3月) - インデックス投資日記@川崎
を参考にさせていただきました。

各1万円購入すると、
日本株式インデックスe  0.38%
外国株式インデックスe  0.53%
外国債券インデックスe  0.52%
eMAXIS 新興国株式インデックス  0.80%

の為

1年間にかかる信託報酬は、
日本株式インデックスe        1万円×0.38%=38円
外国株式インデックスe        1万円×0.53%=53円
外国債券インデックスe        1万円×0.52%=52円
eMAXIS 新興国株式インデックス  1万円×0.80%=80円

4万円で223円実際には、価格の変動もあり、
これだけ、ということは確定ではありません。
また、これを月々引かれているので、更に分かりにくくなりますが。。


また、毎月購入すると、1年間で48万円になります。
単純計算ですが、223円×12ヶ月=2676円

これが、今後20年となると・・・・

積み立て金額
48万円×20年=960万円
信託報酬コスト
2676円×20年=53520円⇒これは、通算ではなく、
20年後積立金額が単純計算で960万円になった時の年間のコストです。


ただそれまでに、倍になっていたら、倍の年間コストがかかるということです。。
ここまでくると、結構な金額になりますね。。


そのため、リレー投資ということも考えておられる方もいるということのようです。
確かに、金額が大きくなってくると、リレー投資を考えてもいいかなぁと感じます。
今度は、リレー投資について、書いてみたいと思います。
実際、個人的には、一度もやったことはありません。


新・投資信託にだまされるな! ---買うべき投信、買ってはいけない投信

新・投資信託にだまされるな! ---買うべき投信、買ってはいけない投信